銀河英雄伝説のユリアン※総合的な能力は優れているのだが・・・

スポンサーリンク

アニメ『銀河英雄伝説』に登場するユリアン・ミンツは戦争孤児で、「軍人子女福祉戦時特例法(通称:トラバース法)」によりヤンの被保護者となりました。

性格は生真面目で、学習能力に優れていることから、『銀河英雄伝説』では「秀才・優等生」と評されることが多いです。

ヤンの被保護者ではありますが、家事などに疎いヤンに対し、ユリアンは家事などを活発に行いヤンを助けていました。

ユリアンは、ヤンの人柄と軍事的才能に憧れており、彼と同じく軍人の道を進もうとします。

ただ、ヤンはユリアンに軍人の道を進んで欲しくはありませんでした。しかし、ユリアンの熱意に負けて軍人の道を歩むことを許します。

そして、ヤンがイゼルローン要塞の指揮官となった際、兵長待遇の軍属として同行しています。

ユリアンは学生時代の学力や運動能力はヤンを遥かに凌駕し、イゼルローンに来てから教官役の者達がその能力を高く評価しています。

『銀河英雄伝説』では、「智略はヤン譲り、空中戦はポプラン譲り、白兵戦はシェーンコップ譲りの腕前を持つ才気あふれる少年」と評されています。

しかし、これは1つも特化していない器用貧乏になる恐れもあり、周囲も気にしていました。

ただ、ユリアンはまずヤンの役に立ちたいという思いが強く、軍人になった当初はあまりそういったことは考えずに、色んな面の技術を磨いていたように思います。

漫画を読むなら、「ebookjapan」がおすすめ!

ebookjapan


無料の電子書籍マンガが豊富!
「ebookjapan」はこちら

漫画が好きな方は、以下のコミックサイトもおすすめ!

ひかりTVブック


「ひかりTVブック」はこちら

U-NEXT


「U-NEXT」はこちら

コメント