ミッターマイヤー艦隊は高速移動が得意※「疾風ウォルフ」

スポンサーリンク

ウォルフガング・ミッターマイヤーは、ローエングラム陣営の主要提督の一人で、キルヒアイスの死後、ラインハルトに最も信頼された若き勇将です。

獅子の泉の七元帥の一人で、その中でも首席元帥とされています。ローエングラム朝銀河帝国では宇宙艦隊司令長官となりました。

ミッターマイヤー艦隊は、艦隊の機動力を十全に生かした高速移動を得意とし、追撃中の敵艦隊を追い越してしまうほどの用兵の速さから「疾風ウォルフ(ウォルフ・デア・シュトルム)」の異名を持っています。

ベイオウルフ (人狼)はミッターマイヤーの座乗艦であり艦隊旗艦です。

この旗艦を主軸にミッターマイヤー艦隊は、高速運用を可能にしていました。

数多くの戦いに参加し、ブリュンヒルトと共に、帝国軍将兵にとっての勝利の代名詞的存在となっています。

ミッターマイヤー艦隊の高速運用は、同盟国、帝国国で並ぶものがおらず、その機動力は帝国軍人の気持ちを高揚すると共に、同盟国に恐怖を与えたと思われます。

漫画を読むなら、「ebookjapan」がおすすめ!

ebookjapan


無料の電子書籍マンガが豊富!
「ebookjapan」はこちら

漫画が好きな方は、以下のコミックサイトもおすすめ!

ひかりTVブック


「ひかりTVブック」はこちら

U-NEXT


「U-NEXT」はこちら

 

コメント