糖尿病※女性の初期症状について

スポンサーリンク

糖尿病と聞くと男性の病気だというイメージを持つ人も多いですが、実は女性も年齢を重ねるごとにリスクが高まる病気です。

女性特有の初期症状としてわかりやすいものに、デリケートゾーンのかゆみがあります。清潔にしているのに外陰部に強いかゆみを感じるようなら、医師に相談した方が良いかもしれません。

かゆみがひどいからと言って、ゴシゴシと強く洗うと更に悪化するので注意が必要です。

このかゆみは、糖尿病の進行によって栄養不足や血行不良となることから起こります。健康な人は肝臓から分泌されるインスリンによって血糖値が下がりますが、肝臓の働きが弱まると血中にブドウ糖がたまっていき、尿となって排出されます。

スポンサーリンク

細胞に栄養が届かないので栄養不足の状態となり、細胞や末端の血管が死んでしまうのです。また、高濃度の尿が排出されるとカンジダなどの菌が繁殖しやすくなったり、皮膚が乾燥しやすいのでかゆみが生じる原因になります。

他に女性が感じる初期症状としては疲れやすい、トイレの回数が増える、喉がよく乾くなどがあります。これらを総合して糖尿病ではないかの判断基準として下さい。

ホルモンバランスの乱れが糖尿病を引き起こす原因にもなります。更年期を迎える女性や妊婦は、糖尿病にかかりやすいと覚えておきましょう。特に妊婦はむくみや嗜好の変化を妊娠だけの理由だと考えがちですから、油断せずに適切な検査を受けるようにして下さい。

薬なし・注射なしで、血糖値を下げる自宅療養
タイトルとURLをコピーしました