腰痛が治るまでの期間

スポンサーリンク

一度腰痛になってしまうと、治るまでにどのくらいの期間が必要になるのかが気になるでしょう。

腰痛が治るまでの期間は、腰痛の種類や体質、治療法により異なります。

自分の腰痛の原因や体質に合わせた治療法をしっかりと行っていれば治療期間は短くなりますし、原因が分からず体質に合っていない治療法ではいつまで経っても腰痛は治りません。

腰痛を治すためには、自分の体に合った治療を正しく受ける必要があります。また、正しい治療を受けても、腰痛が治るまでの期間は個人差があるのであくまで目安となります。

スポンサーリンク

腰痛の中でも多い慢性腰痛の場合、最低でも2~3カ月の治療が必要となります。症状が酷い場合や足に痺れを伴っている場合は、短くても半年の治療期間が必要となります。

ただし、慢性腰痛は生活習慣が原因によるものが多いので、生活習慣の改善を行わなければ治療期間が長引いてしまうこともあります。

ぎっくり腰や急性腰痛の場合、治療期間は2週間~1か月かかります。

ただし、中には僅か1週間で治ってしまう方もいれば、1か月以上経っても違和感が残るという方も居るので、この期間もあくまで目安となります。

また、治療中の生活習慣も治るまでの期間に関わってくるので、治療中は医師の指示にしっかりと従い、正しい治療を受けるようにしましょう。

1日5分で腰痛を改善する方法
タイトルとURLをコピーしました