内臓改善で腰痛が良くなる?

スポンサーリンク

病院でレントゲンを撮るなどの検査をしても特に異常が見当たらない腰痛は、内臓に原因がある場合があります。

中には癌のような大変な病気が隠れているケースも見られますが、そのような重大な状態ではなくて内臓が疲れているだけでも、腰痛を引き起こすことがあるのです。

例えば寝不足で暴飲暴食が続いているときに、腰の辺りに痛みを感じたり、ぎっくり腰に近い状態になったりすることがあります。

これは暴飲暴食によって胃腸が消化活動に追われて疲れてしまい、体中のエネルギーも消化のために使われて、筋肉などの疲れが回復しにくくなることと関係しているでしょう。

スポンサーリンク

また冬場に鈍痛のような腰痛を感じることが多くなるのは、寒さによって子宮や腸などが冷えてしまい、血流が悪くなることが原因の場合もあります。

疲れや冷えは内臓を弱らせて、腰痛までを引き起こしてしまうのです。

バランスの良い食生活や睡眠不足の解消など、生活習慣を改善することで、原因不明の腰痛は治まる可能性があります。血流促進やできるだけ身体を冷やさないようにすることも大切です。そうした心がけが内臓の健康につながり、さらに腰痛を防ぐ対策になります。

原因不明の腰痛に悩んでいる人は、まずは今時点の生活習慣の見直しから始めてみましょう。

1日5分で腰痛を改善する方法
タイトルとURLをコピーしました